スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

To LOVEる 第26話『ララ』(終)  なかなかの良回。リトの出した答えとは・・・ 

tt-12.jpeg
正直泣きそうになった・・・・。
スポンサーサイト
[ 2008/10/07 21:20 ] To LOVEる | TB(0) | CM(1)

トラブル119『恋する一歩』  春菜・・それが本当の答えなのか・・・? 

to-008.jpg
前回の衝撃から早1週間・・・
私は楽しみにしていましたよ!!今週のジャンプを!
いちご100%の東城VS西野並のヒロイン対決!・・・と思いきや

[ 2008/10/06 21:46 ] To LOVEる | TB(4) | CM(2)

アニメ To LOVEる 第24話「はじらいながら」 

to-02.jpg
アイキャッチルンかわえええ!
ToLOVEるファンの間では、がっかりな出来として有名なアニメですが、アイキャッチだけはガチだな!アイキャッチは本編!キャラデザは良いのに、ほんとにもったいない素材だよな。
そんなアニメの本編にも、中身のある感想を書けそうな展開が今回やってきましたよ。(春菜ファン的に)


この表情が痛い・・・・。
「オレは・・・元のままのオマエが・・っ・・・・好きなんだぁ!!!!」
ララに向かってリトが大声で告白した時、春菜ちゃんのこのアップを持ってくるのはずるい・・・。
原作のとらぶるくえすと編のリトが「ララのことが・・好き・・かもしれない」と言ったシーンをプレイバックさせられました。
嬉しそうなララとは反対に、複雑な表情をする春菜ちゃん・・・・。
あの時は、エロコメのToLOVEるで唯一キャラに感情移入したくなったシーンでもあり、とても心が痛くなった。



あと、今回の原作エピソードであるララの「コロット風邪」。
うち的にはすまん・・・・リアルに別の意味で鳥肌が立ってしまった。
ララは天真爛漫なキャラで、初期なんか特に恥じらいとは無縁のキャラでもあったのですよ。それがいきなり恥じらい全快になられても、何か違和感を通り越して不自然で・・・。
これに萌えられないのは、もはや「ララ」ではないからなのだと思いました・・
やっぱ普段のララが一番だと思います。でも、色々性格が変化してく中で一番良かったのは、後輩キャラかなぁ。
[ 2008/09/20 03:19 ] To LOVEる | TB(0) | CM(0)

To LOVEる トラブル114 スイカパニック! 

to-03.jpg
エロ杉自重wwこれはどう考えてもアウトwww
エロすぎてちょっと鳥肌が立ったわwいつもは割と絵柄的に健康なエロが多いTo LOVEる。たまにこうやってワイセツ的なエロが入るんだよな、こういうのはちょっとドキっとする。
それにしても、こんな画像を切り貼りしてる自分がなんかむなしくなるわww

osizu-01.jpg
やっぱりToLOVEるの絵のかわいさは一級品。
それだけでも見る価値があるというものですよ。このカワユイお静ちゃんを見よww
ToLOVEるは萌えかわいい画面と、読者の期待に最大限答えようとするサービスが徹底しているとこが良いです。(エロ的な意味でも、大舞台を任された時もそれだけのクオリティを届けようとする熱意が感じられる。)
もともとストレートな作風と矢吹先生のタッチで繊細な心理描写には大きく欠けるけど、長谷見先生の脚本で構成自体はしっかり出来ており、話の流れはきちんと終わりに向けて組み立てられているのですよね。
矢吹先生の武器を最大限に生かしたマンガが、「ToLOVEる」なのかもしれません。

※追記は細かな感想とベストショットのピックアップをしています。見たい方はどうぞ。
[ 2008/09/01 20:16 ] To LOVEる | TB(1) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。