スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CLANNAD  第 9 話 『 夢の最後まで 』 

cla-009.jpg
「風子のお友達になってください」
cla-006.jpg
ロリコン

cla-007.jpg
正義すぎて



cla--008.jpg
吹いた

風子はぶっちゃけ色気なしで、見た目と中身がそのまんまなとこがダメ感じでしたが、
その”ロリ”という部分で攻撃されるとやられてしまうキャラだと思うのです。
岡崎の上に風子がのっかちゃうシーンは、なんかエロスを感じました。すげえ萌える。


cla-008.jpg
そして俺の椋かわいいよ椋
1期の最初の方って何気に椋がいっぱい出てるんだよな。他のメインヒロインと比べて。役得役得。



◆全体的な総評

大きな期待を寄せていた回だけに、世間の過大評価と空回ってしまった感がある。

泣ける泣けると言われていただけに、「この回で絶対泣ける!」という思い込みが逆に妙に意識してしまって「それほどだったかな?」という気分にされてしまった。

確かにいい話でじーんと胸にくる場面はあったが、どこか拍子抜けしてしまった。

エピソードが、ちょっと絵本チックで古風なとこが肌に合わないことが大きいかもしれません。

多分杏ルートで、椋が不憫な役回りさせられて「私、お姉ちゃんの代わりになりますから・・・」なんて言われたら涙腺崩壊してしまいそうだが!!


基本とてもいい回だったと思います。
渚と朋也が先生に言われるまで、間に風子がいたんだと思うと、ね。くるね。
[ 2008/10/19 11:46 ] CLANNAD | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reindripping.blog96.fc2.com/tb.php/41-e3ce56ed







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。