スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CLANNAD ASTER STORY 第8話「勇気ある闘い」   作画神。 

aa-01.jpg


第 8 話 「 勇気ある闘い 」

兄が、本当に願っていたものは――。

宮沢有紀寧編ラスト。
過去最多キャプチャー数でお届けします。

文字色c-44.jpg
~あらすじ~
宮沢有紀寧の兄が入院している最中、この町では二つの不良グループで抗争が起こり始めていた。
除々に肥大化していく争いに、有紀寧は思い悩んでいた。
そこで、話をつけようと朋也と共に相手のグループに話をつけに行こうとするが・・・。


c-43.jpeg
今回は久しぶりの智代の登場も見れました。
ここんとこ他のヒロイン達の背景化が著しい中、単体で出番がある分マシだと思うんだ。

c-46.jpg
有紀ねえの願いは、争いをやめさせること。
しかし、悪化していく状況に有紀ねえは思い悩んでいた。
と、同時に何かを隠しているようで―――

c-38.jpg
c-39.jpg

顔だけ並べるとこうアレですけど、心理描写を僅かな表情変化で描きこんでくる、京アニスタッフの細やかな配慮がいつもとても愛おしいのです。


c-40.jpg
c-50.jpg

本当に作画かわいいです・・・

【本編について】
c-42.jpg
ネタバレ
本当は有紀寧の兄は死んでいた。「兄は入院している。」と、争いが起きないように嘘をつき続けていたのだ。しかし、それも束の間、兄・カズトが退院したという誤解を招いてしまい、警察も動き出した最中、恐れていた事態が起きた。
朋也と相手のグループに説得しに行くも、頭同士の戦いでケリをつける。という事になってしまい・・・

ほとんどの人が、ああ、やっぱりね。大方そう思ったことでしょう。
でも有紀ねえが兄の格好をして現れたときはちょっとグラっときたな。
大人しい有紀ねえの意外な行動力というか、少し普段のギャップを見れた気がして。
相手のボスも有紀寧に”死んだ兄”の格好なんて精神的に痛い事させて、反省していることだろう。
今思えば、「兄がいれば」「兄を呼んで来い」と言われる度に傷ついていたんだろうなぁ・・。

後、有紀ねえを止めに行く朋也のシーンは良かったね。もう朋也の本当の彼女は有紀寧でいいような気がしてきたぞw

c-27.jpg
c-29.jpg
c-30.jpg

ひとつひとつどの表情をとっても、よく描きこんでいるよね。
この才能がほしい。渚かわいいよ渚。


c-52.jpg
c-49.jpg

どこか有紀寧さんの心につっかえていた兄の存在を克服し、光の玉を回収する。
原作では、唯一光の玉にについて教えてくれるのは彼女だけだそうですね。ああ、CLANNADプレイしてぇ。
それにしてもここだけ見ると最終回ッポイですね。(笑)

c-47.jpg
c-48.jpg

そして、有紀寧は前を向く―――・・・
このシーンがすごく好き。女性の髪がふりむきざまになびくのってすごく絵になるなぁ。好きだなぁ。
ちょっとだけ涙が出てもおかしくない回だと思ったよ。


【次回予告】
c-22.jpg
つ い に 、 A f t e r の 幕 開 け !!
椋かわいいよ椋。全国の杏ファン、よかったなwwwかわりに椋は俺がもらっていくからな。



では、最後に

c-51.jpg
本当に良かったね、有紀ねえ。

とても綺麗なお話でした。GOODでしたよ。
そして今回フィーチャーすべきは”作画萌え”!キャプチャーをとるのに一時間以上もかかってしまいましたが、
自分がいいと思ったシーンを全部載せれたのでとてもとても満足しています。
僕としては今回泣ける話ではなかったんだけど、そもそもそこは肌に合うか合わないかの問題なので今回も良い出来だったと思う。


にほんブログ村 アニメブログ 美少女アニメへ
↑宜しかったら、1日ポチっとよろしくお願いします。
[ 2008/11/29 13:54 ] CLANNAD AFTER STORY | TB(2) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reindripping.blog96.fc2.com/tb.php/67-e3e5689f


■CLANNAD ~AFTER STORY~【第8回】勇気ある闘い

CLANNAD ~AFTER STORY~ #08の視聴感想です。 膝枕。 衝突必至。 一騎打ち。 遺志。 この街の伝承をご存知ですか? ↑さぁポチッとな
[2008/11/29 18:14] URL 此方彼方何方-コナタカナタドナタ-

クラナド CLANNAD AFTER STORY 第8話 「勇気ある闘い」 感想

原作とはニュアンスの違う話になりました。原作は「有紀寧の救済の話」だと思うのですが、アニメはすっかり「有紀寧と朋也が町を二分する...
[2008/11/30 00:52] URL メルクマール





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。