スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マクロスF 第22話「ノーザンクロス」 誠死ね 

※基本的に毒吐き気味なので、アルトに関して同じ気持ちを抱えている方は反転して下さい。


アルトいい加減にしろよ。
お前ほんとに何考えてんの??全く共感できないよ。


オズマの言葉、よく考えてみるんだな。お前前回絶叫しといて次回でこれって人間的に何かオカシイ。
アルトを擁護?無理だろどう考えても・・無理。私は今までも一般的に嫌われる電波なキャラを好きになってきたけど、その度にうちは世間で叩かれる中擁護してきた。
だけどアルトは無理。。。。
自分に流されてる自覚がないだけほんと無理無理無理無理^^^^何考えてるのか分からないから擁護とか、むり

アルトを「流されたりするのも、人間らしくていい」とか言うけど、うちはそのアルトに
人間味を全く感じません!
感じません(大事なことなので2回言いました)

アルトの考えてることがまっっっっっっったく分からない!
今までもアルトに感情移入したことも、何か固い決意を感じとったことも一度もありません。
いつもコイツは何の為に行動してんだろ・・・一貫した行動がないし、目指す目標も特に見当たらない。
今自分が何をしようとしているのか自分でも分かんないんじゃないの?アルト


ぶっちゃけ第一印象からアルトのことは気に食わなかったんだけど、今まで「冗談でもこいつの事を好きとは言えん」というぐらいで自分の中で落ち着けてきましたが、もうむり。
はっきり言います、私はアルトのことが嫌いです。

シェリルに行動しといてオズマの言葉に言い返せないのは何事?



これでシェリルをヤリ捨てしたら俺がアルトを刺す。
例えランカENDになったとしても、この信用が回復することは非常に難しい。
残り3話全部使ってアルトの心理描写をやるというのなら考えが変わらんことはないがな。
そのくらい奴の考えてることが分からん。


シェリルを捨てたら俺がアルトを殺す。(大事な事なので2回言いました)
[ 2008/09/06 14:13 ] マクロスF | TB(0) | CM(0)

マクロスF 第22話  先行感想 



アルト氏ね



としかいいようがない


[ 2008/09/06 03:31 ] マクロスF | TB(0) | CM(0)

カプ厨的感想 第21話 アルランブレ トライアングラー 

mf-17.jpg
※当サイトはアルラン・ランカ受スキーのブログです。
苦手な方は回れ右の記事です。
[ 2008/08/31 13:31 ] マクロスF | TB(0) | CM(0)

「さよなら、大好きでした」ランカの別れ、行動解釈 

mf-06.jpg
今回ランカ派にとってもこのランカの行動はどうなのか?という疑問が各地で沸いてるようなので、うちなりの解釈と感想を書いておきたいと思います。

・「この子だけでも返してあげたいの」
まずランカは以前から人間が傷つけられるのは勿論、殺されていくバジュラに対しても心を痛めていました。自分の歌がバジュラに効くと言われ、軍事的利用された時も「本当にこれが正しいのか?」と疑問を抱いていた。そして、自分が「歌う道具」になった事で、より多くのバジュラを殺した。

それが今回のシーンでも見受けられるように、”自分をおとりにしてバジュラを引き寄せるランカ”目の前でバジュラ達が殺されていく。
アイモを歌いながらバジュラ達の痛みを共感しているように感じた。

ようするに、本能的にもバジュラの痛みを知りこれが正しいことでないと感じている、自分の歌でバジュラをより殺めてしまったことを悔いており、せめてあい君だけでもバジュラの群れに返したいという罪滅ぼしであり純粋な気持ちなのではないか。

mf-15.jpg
同時に彼女は「記憶が少しずつ戻ってきている」と発言している。何か自分の記憶の鍵はバジュラが持っていると本能的に感じているのではないか?
それであい君を返しに行くことで、完全に記憶を取り戻すことを望んでいるのだと思う。

だからランカちゃんの行動はそんなに突拍子のないものでもないと思うのです。
プロ意識のなさを指摘する声も、うちにはあまり共感できない。ランカちゃんはまだ15の女の子で、もともとそんなにひとりで生きていける強さを持ってるキャラでもないんだよ。
「人類の希望」だなんて彼女には重すぎたのだよ。普通のそのくらいの年齢の子なら、押しつぶされそうになってもおかしくないと思うのです。

まとめ
内容が詰め込みすぎて今回展開のうつりかわりについていけなかった人は(ランカに感情移入できないと特に)多いと思います。その辺丁寧に脚本を描いてくれたらもっと見方も変わってきたと思うのに。
うちらランカ派がランカを失望するなんてとんでもない。感情の昂ぶり具合で言えば、うちにとっては今回非常に満足度の高い回なのですよ。
[ 2008/08/31 13:12 ] マクロスF | TB(0) | CM(1)

マクロスF 第21話「蒼のエーテル」 

mf-08.jpg
「蒼のエーテル」は神曲。
ランカは俺の史上最高の嫁。俺はランカを愛してる。


今回はランカのバジュラに対する痛みや涙がアイモにのせて伝わってくるようだった。
以前から感じていたがバジュラは悪い生き物ではない気がする、だから余計に切なくなった。
前回ミシェルの死でバジュラに憎しみを燃やすクランも、ミシェルの名を繰り返しながらバジュラを殺していく姿は、何だか涙がでた・・・。
死んでいくミシェルの姿より、残されたクランが痛々しい状態で前回泣けなかった分今更ドワっと来た。

そして後半の物語の加速。

ranka-01.jpg
泣いた。
蒼のエーテルが名曲すぎてこの回で全然泣く気がなかったのに泣けた。
「さよなら・・・大好きでした。」このセリフはてっきりランカの悲恋ENDになった場合の展開だと思ってたけど、逆にアルト×ランカENDに向けて物語が動き出したように感じた。ランカ派万歳。
[ 2008/08/30 18:35 ] マクロスF | TB(1) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。