スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

あかね色に染まる坂  第 9 話「あかね色のバースディ」  湊の心の変化・・・。 

akane-03.jpg

喜べない自分がいる・・・・。



[ 2008/11/29 19:27 ] あかね色に染まる坂 | TB(4) | CM(0)

CLANNAD ASTER STORY 第8話「勇気ある闘い」   作画神。 

aa-01.jpg


第 8 話 「 勇気ある闘い 」

兄が、本当に願っていたものは――。

宮沢有紀寧編ラスト。
過去最多キャプチャー数でお届けします。
[ 2008/11/29 13:54 ] CLANNAD AFTER STORY | TB(2) | CM(0)

映画「敬愛なるベートーヴェン」 感想  

皆さん、「AMADEUS」という作品は知っていますか?
ご存知ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトを、ライバル(?)・サリエリ視点で描いた意欲的な作品です。
私はこの映画がきっかけでモーツァルトという人物に大変興味を持ってしまったのですが、かくゆう他の音楽家にも少し目を向けてみたくなったのです。
そんなことから、手にとったのがこの『敬愛なるベートーヴェン』

モーツァルトに並ぶ有名なこの音楽家。
実際は架空の人物である写譜師"アンナ・ホルツ"の目を通して語られるベートーヴェン最後の数ヶ月。
それを偉大な”第九”の演奏とともに映し出す彼の人生は、耳が聞こえなくなると共に、少しずつ死が近付いてきていた。
[ 2008/11/24 20:15 ] 映画感想 | TB(2) | CM(0)

D.C.Ⅱ SS 第13話 『巡りくる季節』 (終) 

dc-05.jpg
EDが流れてきたあたりで泣けた。。
「雨あがり君のもとへ」いい曲です。
由夢が予知夢を見て義之のもとへ走り出すシーンから神でした。音姉、由夢、良かったね。
素直にそう思えるいい締めくくりでした。でも、途中でズンイチが出てくるところで笑ってしまったwww
どう考えてもギャグだろ。

dc-06.jpg
で、義之×音姉ENDでいいのかな?(多分実際は姉妹丼で、音姫寄りエンド。)

[ 2008/11/23 16:55 ] アニメ感想 | TB(1) | CM(0)

D.C.Ⅱ SS 第12話 『記憶の淵』  いいか野郎共、神回だ。 

この回は一度大迫力のフルスクリーンで見てみたくてな。(つってもTVだが)DVD借りてきた。
この記事を見て少なくとも興味を持ったなら、一度見て損はないと思う。

dc-03.jpg
かつて大号泣させられた衝撃的な回。
高垣採陽さんの泣き演技はガチで心を打たれる。やっぱり音姉のこの思いをぶつけるシーンが何より本作で誰もが記憶に残るシーンだと思う。
由夢の告白を後にする→義之、音姉のもとへ向かう→音姉の思いが爆発→怒涛のワンシーン に繋がるこの流れはとても見応えがあった。

ぶっちゃけ、あのシーンからはどれも名台詞なんだけど、厳選して選んでみた結果↓
【音姉名セリフ集】
「弟くんのこと忘れたくないよ・・・」
「弟くんと、ずっとずっと一緒にいたいよ・・・」
「弟くんのこと、こんなに好きなのに・・・大好きなのに・・・」

「弟くんがいないとわたし ダメだよ!」
「一人じゃ生きていけないよ・・!」

「もう怒らないから・・もう、無視しないから・・ もう、ホック止めないから!!」
あえて選ぶなら「もう、ホック止めないから・・・」だな。
以前から義之は音姉と「またホック止めてない!」っていうやりとりをしてたから、前からあったものって響くんだよなぁ。

dc-02.jpg
私は由夢より音姉が好きなんで、中の人ほっちゃんだし由夢ルート行くんじゃないかと最初ヒヤヒヤしたんだけど、結果的にこの子は自ら損な役回りをしてしまった気が・・・。
由夢の告白から神がかりな作画と演出には圧倒されました。
由夢の告白に悶えるのはしょうがないだろう、人類としては。
【由夢名セリフ集】
「兄さん好き!大好き!いくら言っても足りないよ・・。」


総評:
★★★★★【満足】
星5つつける回とはこういうことを言うんだよ。
あと何度も言うが、俺は音姉派。
[ 2008/11/23 16:10 ] アニメ感想 | TB(1) | CM(0)

映画『長い長い殺人』 感想 

母が借りてきたDVDですが、なんとなく引き寄せられ自分も見てみた。
次々と持ち主と”財布”で切り替わっていく場面。
いたるところで1つ、2つの殺人が繋がっている。そんな関係者達の細やかな場面とともに、幾つもの物語があるように感じられた。

なかなか楽しめてしまったので、私からもこの作品をオススメしておきます。
最後、すっぱり事件解決まで描かなかったのは、「ああ、やっぱり・・・」とも思ったけど、もう少し作者が10代並のパワーがあったら描ききったのかもしれないね。

「人を傷つけたり、奪ったりした者は、必ず自分に返ってくるんだよ。」
そんな台詞があったように、きっとあの2人はいつか逮捕されるんだろうね。(セリフはうろ覚えです/汗)

[ 2008/11/23 13:46 ] 映画感想 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。